ASインターフェースの世界市場

低電力広域ネットワーク(LPWAN)の世界市場:コネクティビティテクノロジー別、テクノロジーサービス別、ネットワーク展開別、用途別、業種別、地域別予測 2019-2026
https://www.globalresearch.jp/global-low-power-wide-area-bzw20jn045

◆英語タイトル:Global Low Power Wide Area Network (LPWAN) Market Size study, by Connectivity Technology (Sigfox, Lora wan, Weightless, Others) By Technology Service (Professional Services, Managed Services) By Network Deployment (Private Sector, Public Sector) By Application ( Smart Waste Management, Smart Buildings, Smart Gas and Water Metering, Smart Parking, Smart Streetlight, Livestock Monitoring, Others) By Vertical (Agriculture, Logistics and Transportation, Healthcare, Industrial Manufacturing, Oil and Gas, Consumer Electronics, Others) and Regional Forecasts 2019-2026
◆商品コード:BZW20JN045
◆発行会社(リサーチ会社):Bizwit Research & Consulting
◆発行日:2019年12月31日
◆ページ数:約200
◆レポート形式:英語 / PDF
◆納品方法:Eメール(受注後3営業日)
◆調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
◆産業分野:ネットワーク

本調査レポートでは低電力広域ネットワーク(LPWAN)について、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、コネクティビティテクノロジー別(Sigfox、Lora wan、Weightless、その他)分析、テクノロジーサービス別(プロフェッショナルサービス、マネージドサービス)分析、ネットワーク展開別(民間セクター、公共セクター)分析、用途別(スマート廃棄物管理、スマートビル、スマートガスおよび水道メーター、スマート 駐車場、スマート街灯)分析、業種別(農業、物流および輸送、ヘルスケア、工業製造、石油およびガス)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。
・エグゼクティブサマリー
・定義および範囲
・市場動向
・産業分析
・低電力広域ネットワーク(LPWAN)の世界市場:コネクティビティテクノロジー別(Sigfox、Lora wan、Weightless、その他)
・低電力広域ネットワーク(LPWAN)の世界市場:テクノロジーサービス別(プロフェッショナルサービス、マネージドサービス)
・低電力広域ネットワーク(LPWAN)の世界市場:ネットワーク展開別(民間セクター、公共セクター)
・低電力広域ネットワーク(LPWAN)の世界市場:用途別(スマート廃棄物管理、スマートビル、スマートガスおよび水道メーター、スマート 駐車場、スマート街灯)
・低電力広域ネットワーク(LPWAN)の世界市場:業種別(農業、物流および輸送、ヘルスケア、工業製造、石油およびガス)
・低電力広域ネットワーク(LPWAN)の世界市場:地域別
・競争状況
・調査プロセス

超高性能コンクリートの世界市場:材料別、用途別、地域別予測 2019-2026
https://www.globalresearch.jp/global-ultrahighperformance-concrete-market-size-bzw20jn044

◆英語タイトル:Global Ultra-High-Performance Concrete Market Size study, by Material (Cement, Admixtures, Sand and Quartz Flour and Others), By Application (Residential, Infrastructure, Commercial and Others) and Regional Forecasts 2019-2026
◆商品コード:BZW20JN044
◆発行会社(リサーチ会社):Bizwit Research & Consulting
◆発行日:2019年12月31日
◆ページ数:約200
◆レポート形式:英語 / PDF
◆納品方法:Eメール(受注後3営業日)
◆調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
◆産業分野:建設

本調査レポートでは超高性能コンクリートについて、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、材料別(セメント、混和剤、砂および石英粉、その他)分析、用途別(住宅、インフラ、商業、その他)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。
・エグゼクティブサマリー
・定義および範囲
・市場動向
・産業分析
・超高性能コンクリートの世界市場:材料別(セメント、混和剤、砂および石英粉、その他)
・超高性能コンクリートの世界市場:用途別(住宅、インフラ、商業、その他)
・超高性能コンクリートの世界市場:地域別
・競争状況
・調査プロセス

ASインターフェースの世界市場:コンポーネント別、用途別、地域別予測-2026
https://www.globalresearch.jp/global-asinterface-market-component-asi-bzw20jn043

◆英語タイトル:Global AS-Interface Market by Component (AS-I Slave, AS-I Gateway, AS-I Power Supply, AS-I Cable), Application (Material Handling, Drive Control, Building Automation), Industry, and Geography – Global Forecast to 2026
◆商品コード:BZW20JN043
◆発行会社(リサーチ会社):Bizwit Research & Consulting
◆発行日:2019年12月31日
◆ページ数:約200
◆レポート形式:英語 / PDF
◆納品方法:Eメール(受注後3営業日)
◆調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
◆産業分野:ネットワーク

本調査レポートではASインターフェースについて、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、用途別(マテリアルハンドリング、ドライブ制御、ビルオートメーション)分析、産業別(食品および飲料、化学薬品、石油ガス、水および廃水処理)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。
・エグゼクティブサマリー
・定義および範囲
・市場動向
・産業分析
・ASインターフェースの世界市場:用途別(マテリアルハンドリング、ドライブ制御、ビルオートメーション)
・ASインターフェースの世界市場:産業別(食品および飲料、化学薬品、石油ガス、水および廃水処理)
・ASインターフェースの世界市場:地域別
・競争状況
・調査プロセス

屋根ふきの世界市場、使用済み再生プラスチックの世界市場、ナノワイヤーバッテリーの世界市場

屋根ふきの世界市場:製品別、用途別、地域別予測 2019-2026
https://www.globalresearch.jp/global-roofing-system-market-size-bzw20jn048

◆英語タイトル:Global Roofing System Market Size study, by Product (Asphalt Shingles, Concrete & Clay Tile Roofs, Metal Roofs, Elastomers & Plastic Roofs, Others), by Application (Residential, Non-Residential) and Regional Forecasts 2019-2026
◆商品コード:BZW20JN048
◆発行会社(リサーチ会社):Bizwit Research & Consulting
◆発行日:2019年12月31日
◆ページ数:約200
◆レポート形式:英語 / PDF
◆納品方法:Eメール(受注後3営業日)
◆調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
◆産業分野:建築

本調査レポートでは屋根ふきについて、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、製品別(アスファルト帯状疱疹、コンクリートおよび粘土タイル屋根、金属屋根、エラストマーおよびプラスチック屋根、その他)分析、用途別(住宅、非住宅)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。
・エグゼクティブサマリー
・定義および範囲
・市場動向
・産業分析
・屋根ふきの世界市場:製品別(アスファルト帯状疱疹、コンクリートおよび粘土タイル屋根、金属屋根、エラストマーおよびプラスチック屋根、その他)
・屋根ふきの世界市場:用途別(住宅、非住宅)
・屋根ふきの世界市場:地域別
・競争状況
・調査プロセス

使用済み再生プラスチックの世界市場:サービス別、ポリマータイプ別、処理タイプ別、最終用途別、地域別予測 2019-2026
https://www.globalresearch.jp/global-postconsumer-recycled-plastics-market-bzw20jn047

◆英語タイトル:Global Post-Consumer Recycled Plastics Market Size study, by Service (Collection & Transportation, Recycling, Incineration and Landfills/Disposal), by Polymer Type (Polyethylene Terephthalate (PET), High-Density Polyethylene (HDPE), Low-Density Polyethylene (LDPE), Polypropylene (PP) and Others), by Processing Type (Chemical Process, Mechanical Process and Biological Process), by End-Use Application (Packaging, Building & Construction, Automotive, Furniture and Recycled Plastics in other End-User Applications) and Regional Forecasts 2019-2026
◆商品コード:BZW20JN047
◆発行会社(リサーチ会社):Bizwit Research & Consulting
◆発行日:2019年12月31日
◆ページ数:約200
◆レポート形式:英語 / PDF
◆納品方法:Eメール(受注後3営業日)
◆調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
◆産業分野:材料

本調査レポートでは使用済み再生プラスチックについて、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、サービス別(収集および輸送、リサイクル、焼却および埋立/廃棄)分析、ポリマータイプ別(ポリエチレンテレフタレート(PET)、高密度ポリエチレン(HDPE)、低密度ポリエチレン(LDPE)、ポリプロピレン(PP)、その他)分析、処理タイプ別(化学プロセス、機械プロセス、生物学的プロセス)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。
・エグゼクティブサマリー
・定義および範囲
・市場動向
・産業分析
・使用済み再生プラスチックの世界市場:サービス別(収集および輸送、リサイクル、焼却および埋立/廃棄)
・使用済み再生プラスチックの世界市場:ポリマータイプ別(ポリエチレンテレフタレート(PET)、高密度ポリエチレン(HDPE)、低密度ポリエチレン(LDPE)、ポリプロピレン(PP)、その他)
・使用済み再生プラスチックの世界市場:処理タイプ別(化学プロセス、機械プロセス、生物学的プロセス)
・使用済み再生プラスチックの世界市場:地域別
・競争状況
・調査プロセス

ナノワイヤーバッテリーの世界市場:素材別、産業別、地域別予測-2026
https://www.globalresearch.jp/global-nanowire-battery-market-material-bzw20jn046

◆英語タイトル:Global Nanowire Battery Market by Material Type (Silicon, Germanium, Transition Metal Oxides, Gold), Industry (Consumer Electronics, Automotive, Aviation, Energy, Medical Devices), and Region (North America, Europe, APAC, RoW) – Global Forecast to 2026
◆商品コード:BZW20JN046
◆発行会社(リサーチ会社):Bizwit Research & Consulting
◆発行日:2019年12月31日
◆ページ数:約200
◆レポート形式:英語 / PDF
◆納品方法:Eメール(受注後3営業日)
◆調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
◆産業分野:産業機器

本調査レポートではナノワイヤーバッテリーについて、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、素材別(シリコン、ゲルマニウム、遷移金属酸化物、金)分析、産業別(家電、自動車、航空、エネルギー、医療機器)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。
・エグゼクティブサマリー
・定義および範囲
・市場動向
・産業分析
・ナノワイヤーバッテリーの世界市場:素材別(シリコン、ゲルマニウム、遷移金属酸化物、金)
・ナノワイヤーバッテリーの世界市場:産業別(家電、自動車、航空、エネルギー、医療機器)
・ナノワイヤーバッテリーの世界市場:地域別
・競争状況
・調査プロセス

重要インフラストラクチャー防護の世界市場、燃料電池技術の世界市場、ポリカーボネート樹脂の世界市場

重要インフラストラクチャー防護の世界市場:コンポーネント別、業界別、地域別予測 2019-2026
https://www.globalresearch.jp/global-critical-infrastructure-protection-market-bzw20jn051

◆英語タイトル:Global Critical infrastructure protection Market Size study, by Component (Security technology and Services), Vertical (Energy & power, transportation system and sensitive, infrastructure and enterprise) and Regional Forecasts 2019-2026
◆商品コード:BZW20JN051
◆発行会社(リサーチ会社):Bizwit Research & Consulting
◆発行日:2019年12月31日
◆ページ数:約200
◆レポート形式:英語 / PDF
◆納品方法:Eメール(受注後3営業日)
◆調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
◆産業分野:ネットワーク

本調査レポートでは重要インフラストラクチャー防護について、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、コンポーネント別(セキュリティ技術、サービス)分析、業界別(エネルギーと電力、輸送システムと機密、インフラと企業)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。
・エグゼクティブサマリー
・定義および範囲
・市場動向
・産業分析
・重要インフラストラクチャー防護の世界市場:コンポーネント別(セキュリティ技術、サービス)
・重要インフラストラクチャー防護の世界市場:業界別(エネルギーと電力、輸送システムと機密、インフラと企業)
・重要インフラストラクチャー防護の世界市場:地域別
・競争状況
・調査プロセス

燃料電池技術の世界市場:エンドユーザー別、用途別、種類別、地域別予測 2019-2026
https://www.globalresearch.jp/global-fuel-cell-technology-market-bzw20jn050

◆英語タイトル:Global Fuel cell technology Market Size study, by End user (Fuel cell vehicles, Utilities and defense), Application (Portable, stationery and transport), Type (proton exchange membrane fuel cell, Phosphoric acid fuel cell, Alkaline fuel cell and others) and Regional Forecasts 2019-2026
◆商品コード:BZW20JN050
◆発行会社(リサーチ会社):Bizwit Research & Consulting
◆発行日:2019年12月31日
◆ページ数:約200
◆レポート形式:英語 / PDF
◆納品方法:Eメール(受注後3営業日)
◆調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
◆産業分野:産業機器

本調査レポートでは燃料電池技術について、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、エンドユーザー別(燃料電池車、ユーティリティ、防衛)分析、用途別(ポータブル、ステーショナリー、移動)分析、種類別(プロトン交換膜燃料電池、リン酸燃料電池、アルカリ燃料電池、その他)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。
・エグゼクティブサマリー
・定義および範囲
・市場動向
・産業分析
・燃料電池技術の世界市場:エンドユーザー別(燃料電池車、ユーティリティ、防衛)
・燃料電池技術の世界市場:用途別(ポータブル、ステーショナリー、移動)
・燃料電池技術の世界市場:種類別(プロトン交換膜燃料電池、リン酸燃料電池、アルカリ燃料電池、その他)
・燃料電池技術の世界市場:地域別
・競争状況
・調査プロセス

ポリカーボネート樹脂の世界市場:用途別、地域別予測 2019-2026
https://www.globalresearch.jp/global-polycarbonate-resin-market-size-bzw20jn049

◆英語タイトル:Global Polycarbonate Resin Market Size study, by Application (Electrical and electronics, optical media, consumer, automotive, sheets and others) and Regional Forecasts 2019-2026
◆商品コード:BZW20JN049
◆発行会社(リサーチ会社):Bizwit Research & Consulting
◆発行日:2019年12月31日
◆ページ数:約200
◆レポート形式:英語 / PDF
◆納品方法:Eメール(受注後3営業日)
◆調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
◆産業分野:化学

本調査レポートではポリカーボネート樹脂について、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、用途別(電気および電子、光学媒体、消費者、自動車、シート)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。
・エグゼクティブサマリー
・定義および範囲
・市場動向
・産業分析
・ポリカーボネート樹脂の世界市場:用途別(電気および電子、光学媒体、消費者、自動車、シート)
・ポリカーボネート樹脂の世界市場:地域別
・競争状況
・調査プロセス

歯科インプラントおよび補綴の世界市場、ガス絶縁開閉装置の世界市場、 高温耐性エラストマーの世界市場

歯科インプラントおよび補綴の世界市場:歯科用インプラント別、歯科補綴物別、施設の種類別、地域別予測 2019-2026
https://www.globalresearch.jp/global-dental-implants-prosthetics-market-bzw20jn054

◆英語タイトル:Global Dental implants and prosthetics Market Size study, by Dental implants (Titanium implants, Zirconium implants, Tapered Dental implants and parallel-walled dental implants and others), Dental Prosthesis (Dental bridges, dental crowns, Dentures, Abutments, veneers and others), Type of Facility (Hospital and clinics, Dental laboratories and other facility) and Regional Forecasts 2019-2026
◆商品コード:BZW20JN054
◆発行会社(リサーチ会社):Bizwit Research & Consulting
◆発行日:2019年12月31日
◆ページ数:約200
◆レポート形式:英語 / PDF
◆納品方法:Eメール(受注後3営業日)
◆調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
◆産業分野:医療

調査レポートでは歯科インプラントおよび補綴について、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、歯科用インプラント別(チタン製インプラント、ジルコニウム製インプラント、テーパ付き歯科用インプラントおよび平行壁歯科用インプラント、その他)分析、歯科補綴物別(歯科用ブリッジ、歯冠、義歯、アバットメント、ベニア、その他)分析、施設の種類別(病院および診療所、歯科技工所、その他)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。
・エグゼクティブサマリー
・定義および範囲
・市場動向
・産業分析
・歯科インプラントおよび補綴の世界市場:歯科用インプラント別(チタン製インプラント、ジルコニウム製インプラント、テーパ付き歯科用インプラントおよび平行壁歯科用インプラント、その他)
・歯科インプラントおよび補綴の世界市場:歯科補綴物別(歯科用ブリッジ、歯冠、義歯、アバットメント、ベニア、その他)
・歯科インプラントおよび補綴の世界市場:施設の種類別(病院および診療所、歯科技工所、その他)
・歯科インプラントおよび補綴の世界市場:地域別
・競争状況
・調査プロセス

ガス絶縁開閉装置の世界市場:種類別、電圧別、技術別、エンドユーザー別、地域別予測 2019-2026
https://www.globalresearch.jp/global-gas-insulated-switchgear-market-bzw20jn053

◆英語タイトル:Global Gas insulated switchgear Market Size study, by Type (High voltage gas insulated switchgear and Medium voltage gas insulated switchgear), Voltage (Distribution voltage, sub transmission voltage, high voltage, extra-high voltage and ultra-high voltage), by technology (Hybrid switchgear, integrated three phases and compact gas insulated switchgear), End-users (Power transmission utility, power generation utility, power distribution utility, infrastructure and transportation and Industry & OEMs), Installation (Indore and Outdoor) and Regional Forecasts 2019-2026
◆商品コード:BZW20JN053
◆発行会社(リサーチ会社):Bizwit Research & Consulting
◆発行日:2019年12月31日
◆ページ数:約200
◆レポート形式:英語 / PDF
◆納品方法:Eメール(受注後3営業日)
◆調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
◆産業分野:産業装置

本調査レポートではガス絶縁開閉装置について、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、種類別(高電圧ガス絶縁開閉装置、中電圧ガス絶縁開閉装置)分析、電圧別(配電電圧、サブ伝送電圧、高電圧、超高電圧、超高電圧)分析、技術別(ハイブリッド開閉装置、統合3相、コンパクトガス絶縁開閉装置)分析、エンドユーザー別(送電ユーティリティ、発電ユーティリティ、配電ユーティリティ、インフラストラクチャおよび輸送、産業およびOEM)分析、設置別(インドア、アウトドア)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。
・エグゼクティブサマリー
・定義および範囲
・市場動向
・産業分析
・ガス絶縁開閉装置の世界市場:種類別(高電圧ガス絶縁開閉装置、中電圧ガス絶縁開閉装置)
・ガス絶縁開閉装置の世界市場:電圧別(配電電圧、サブ伝送電圧、高電圧、超高電圧、超高電圧)
・ガス絶縁開閉装置の世界市場:技術別(ハイブリッド開閉装置、統合3相、コンパクトガス絶縁開閉装置)
・ガス絶縁開閉装置の世界市場:エンドユーザー別(送電ユーティリティ、発電ユーティリティ、配電ユーティリティ、インフラストラクチャおよび輸送、産業およびOEM)
・ガス絶縁開閉装置の世界市場:設置別(インドア、アウトドア)
・ガス絶縁開閉装置の世界市場:地域別
・競争状況
・調査プロセス

高温耐性エラストマーの世界市場:種類別、用途別、地域別予測 2019-2026
https://www.globalresearch.jp/global-high-temperature-elastomers-market-bzw20jn052

◆英語タイトル:Global High Temperature Elastomers Market Size study, by Type (Silicone Elastomers, Fluorocarbon elastomers, Fluorosilicone elastomers and Perfluoroelastomers & Others), Application (Transportation, Electrical & electronics, Healthcare, Industrial machinery and others) and Regional Forecasts 2019-2026
◆商品コード:BZW20JN052
◆発行会社(リサーチ会社):Bizwit Research & Consulting
◆発行日:2019年12月31日
◆ページ数:約200
◆レポート形式:英語 / PDF
◆納品方法:Eメール(受注後3営業日)
◆調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
◆産業分野:素材

本調査レポートでは高温耐性エラストマーについて、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、種類別(シリコンエラストマー、フルオロカーボンエラストマー、フルオロシリコーンエラストマー、パーフルオロエラストマー、その他)分析、用途別(輸送、電気および電子機器、ヘルスケア、産業機械、その他)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。
・エグゼクティブサマリー
・定義および範囲
・市場動向
・産業分析
・高温耐性エラストマーの世界市場:種類別(シリコンエラストマー、フルオロカーボンエラストマー、フルオロシリコーンエラストマー、パーフルオロエラストマー、その他)
・高温耐性エラストマーの世界市場:用途別(輸送、電気および電子機器、ヘルスケア、産業機械、その他)
・高温耐性エラストマーの世界市場:地域別
・競争状況
・調査プロセス

小型衛星の世界市場、電子化学物質の世界市場、食品酵素の世界市場

小型衛星の世界市場:製品別、エンドユーザー別、用途別、地域別予測 2019-2026
https://www.globalresearch.jp/global-small-satellite-market-size-bzw20jn057

◆英語タイトル:Global Small Satellite Market Size study, by Type (Nanosatellite, Microsatellite, Minisatellite), by End User (Civil, Defense, Commercial), by Application (Earth Observation & Meteorology, Communication, Scientific Research & Exploration) and Regional Forecasts 2019-2026
◆商品コード:BZW20JN057
◆発行会社(リサーチ会社):Bizwit Research & Consulting
◆発行日:2019年12月31日
◆ページ数:約200
◆レポート形式:英語 / PDF
◆納品方法:Eメール(受注後3営業日)
◆調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
◆産業分野:航空宇宙

本調査レポートでは小型衛星について、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、製品別(ナノサテライト、マイクロサテライト、ミニサテライト)分析、エンドユーザー別(土木、防衛、商業)分析、用途別(地球観測と気象、通信、科学研究と探査)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。

・エグゼクティブサマリー
・定義および範囲
・市場動向
・産業分析
・小型衛星の世界市場:製品別(ナノサテライト、マイクロサテライト、ミニサテライト)
・小型衛星の世界市場:エンドユーザー別(土木、防衛、商業)
・小型衛星の世界市場:用途別(地球観測と気象、通信、科学研究と探査)
・小型衛星の世界市場:地域別
・競争状況
・調査プロセス

電子化学物質の世界市場:製品別、用途別、地域別予測 2019-2026
https://www.globalresearch.jp/global-electronic-chemicals-materials-market-bzw20jn056

◆英語タイトル:Global Electronic Chemicals & Materials Market Size study, by Type (Specialty Gases, CMP Slurries, Photoresist Chemicals, Conductive Polymers, Low K Dielectrics, Wet Chemicals, Silicon Wafers and PCB Laminates), by Application (Semiconductors and Others) and Regional Forecasts 2019-2026.
◆商品コード:BZW20JN056
◆発行会社(リサーチ会社):Bizwit Research & Consulting
◆発行日:2019年12月31日
◆ページ数:約200
◆レポート形式:英語 / PDF
◆納品方法:Eメール(受注後3営業日)
◆調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
◆産業分野:化学

本調査レポートでは電子化学物質について、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、製品別(特殊ガス、CMPスラリー、フォトレジスト薬品、導電性ポリマー、低K誘電体)分析、用途別(半導体、その他)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。

・エグゼクティブサマリー
・定義および範囲
・市場動向
・産業分析
・電子化学物質の世界市場:製品別(特殊ガス、CMPスラリー、フォトレジスト薬品、導電性ポリマー、低K誘電体)
・電子化学物質の世界市場:用途別(半導体、その他)
・電子化学物質の世界市場:地域別
・競争状況
・調査プロセス

食品酵素の世界市場:種類別、用途別、製剤別、ソース別、地域別予測 2019-2026
https://www.globalresearch.jp/global-food-enzymes-market-size-bzw20jn055

◆英語タイトル:Global Food Enzymes Market Size study, by Type (Carbohydrase, Protease, Lipases and Others), by Application (Beverages, Confectionery Products, Dairy Products, Bakery Products, Meat Processing and Others), by Formulation (Lyophilized Powder, Liquid and Others), by Source (Microorganisms, Plants and Animals) and Regional Forecasts 2019-2026
◆商品コード:BZW20JN055
◆発行会社(リサーチ会社):Bizwit Research & Consulting
◆発行日:2019年12月31日
◆ページ数:約200
◆レポート形式:英語 / PDF
◆納品方法:Eメール(受注後3営業日)
◆調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
◆産業分野:食品

本調査レポートでは食品酵素について、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、種類別(カルボヒドラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼ、その他)分析、用途別(飲料、菓子製品、乳製品、ベーカリー製品、食肉加工、その他)分析、製剤別(凍結乾燥粉末、液体、その他)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。
・エグゼクティブサマリー
・定義および範囲
・市場動向
・産業分析
・食品酵素の世界市場:種類別(カルボヒドラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼ、その他)
・食品酵素の世界市場:用途別(飲料、菓子製品、乳製品、ベーカリー製品、食肉加工、その他)
・食品酵素の世界市場:製剤別(凍結乾燥粉末、液体、その他)
・食品酵素の世界市場:地域別
・競争状況
・調査プロセス

自動車用ブレーキシステムの世界市場、複合材製ローラーの世界市場、マイクロおよびナノPLCの世界市場

自動車用ブレーキシステムの世界市場:種類別、車両別、技術別、地域別予測 2019-2026
https://www.globalresearch.jp/global-automotive-brake-systems-market-bzw20jn060

◆英語タイトル:Global Automotive Brake Systems Market Size study, by Type (Disc Brake and Drum Brake), Vehicle Type ( Passenger Cars and Commercial vehicles), By technology ( Antilock Braking System (ABS), Traction Control System (TCS), Electronic Stability Control (ESC) and Electronic Brake-Force Distribution (EBD) and Regional Forecasts 2019-2026
◆商品コード:BZW20JN060
◆発行会社(リサーチ会社):Bizwit Research & Consulting
◆発行日:2019年12月31日
◆ページ数:約200
◆レポート形式:英語 / PDF
◆納品方法:Eメール(受注後3営業日)
◆調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
◆産業分野:自動車

本調査レポートでは自動車用ブレーキシステムについて、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、種類別(ディスクブレーキ、ドラムブレーキ)分析、車両別(乗用車、商用車)分析、技術別(アンチロックブレーキシステム(ABS)、トラクションコントロールシステム(TCS)、電子安定性制御(ESC)、電子ブレーキ力配分(EBD))分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。
・エグゼクティブサマリー
・定義および範囲
・市場動向
・産業分析
・自動車用ブレーキシステムの世界市場:種類別(ディスクブレーキ、ドラムブレーキ)
・自動車用ブレーキシステムの世界市場:車両別(乗用車、商用車)
・自動車用ブレーキシステムの世界市場:技術別(アンチロックブレーキシステム(ABS)、トラクションコントロールシステム(TCS)、電子安定性制御(ESC)、電子ブレーキ力配分(EBD))
・自動車用ブレーキシステムの世界市場:地域別
・競争状況
・調査プロセス

複合材製ローラーの世界市場:繊維の種類別、樹脂の種類別、エンドユーザー別、地域別予測 2019-2026
https://www.globalresearch.jp/global-composite-rollers-market-size-bzw20jn059

◆英語タイトル:Global Composite Rollers Market Size study, by Fiber Type (Glass, Carbon and Others), By Resin Type (Thermoset and Thermoplastic), By End-User (Mining, Pulp & Paper, Textile, Film & Foil Processing and Others) and Regional Forecasts 2019-2026
◆商品コード:BZW20JN059
◆発行会社(リサーチ会社):Bizwit Research & Consulting
◆発行日:2019年12月31日
◆ページ数:約200
◆レポート形式:英語 / PDF
◆納品方法:Eメール(受注後3営業日)
◆調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
◆産業分野:建設

本調査レポートでは複合材製ローラーについて、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、繊維の種類別(ガラス、カーボン、その他)分析、樹脂の種類別(熱硬化性樹脂、熱可塑性樹脂)分析、エンドユーザー別(採鉱、パルプおよび紙、繊維、フィルムおよび箔加工、その他)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。
・エグゼクティブサマリー
・定義および範囲
・市場動向
・産業分析
・複合材製ローラーの世界市場:繊維の種類別(ガラス、カーボン、その他)
・複合材製ローラーの世界市場:樹脂の種類別(熱硬化性樹脂、熱可塑性樹脂)
・複合材製ローラーの世界市場:エンドユーザー別(採鉱、パルプおよび紙、繊維、フィルムおよび箔加工、その他)
・複合材製ローラーの世界市場:地域別
・競争状況
・調査プロセス

マイクロおよびナノPLCの世界市場:種類別、提供別、構造別、産業別、地域別予測 2019-2026
https://www.globalresearch.jp/global-micro-nano-plc-market-bzw20jn058

◆英語タイトル:Global Micro and Nano PLC Market Size study, by Type (Micro PLC, Nano PLC), by Offering (Hardware, Software, Services), by Architecture (Fixed PLC, Modular PLC), by Industry (Automotive, Home & Building Automation, Food & Beverages) and Regional Forecasts 2019-2026
◆商品コード:BZW20JN058
◆発行会社(リサーチ会社):Bizwit Research & Consulting
◆発行日:2019年12月31日
◆ページ数:約200
◆レポート形式:英語 / PDF
◆納品方法:Eメール(受注後3営業日)
◆調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
◆産業分野:産業機器

本調査レポートではマイクロおよびナノPLCについて、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、種類別(マイクロPLC、ナノPLC)分析、提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、構造別(固定PLC、モジュラーPLC)分析、産業別(自動車、ホーム&ビルオートメーション、食品&飲料)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。
・エグゼクティブサマリー
・定義および範囲
・市場動向
・産業分析
・マイクロおよびナノPLCの世界市場:種類別(マイクロPLC、ナノPLC)
・マイクロおよびナノPLCの世界市場:提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)
・マイクロおよびナノPLCの世界市場:構造別(固定PLC、モジュラーPLC)
・マイクロおよびナノPLCの世界市場:産業別(自動車、ホーム&ビルオートメーション、食品&飲料)
・マイクロおよびナノPLCの世界市場:地域別
・競争状況
・調査プロセス

ジェスチャー認識およびタッチレスセンシングの世界市場、集束イオンビームの世界市場、ユーティリティ資産管理の世界市場

ジェスチャー認識およびタッチレスセンシングの世界市場:技術別、製品別、産業別、地域別予測 2019-2026
https://www.globalresearch.jp/global-gesture-recognition-touchless-sensing-bzw20jn063

◆英語タイトル:Global Gesture Recognition and Touchless Sensing Market Size study, By Technology (Touch-Based Gesture Recognition, Touchless Gesture Recognition, RFID Technology, Camera-Based Technology, Sensors, Voice Assistance, Others), by Product (Biometric, Sanitary Equipment, Others), by Industry (Automotive, Consumer Electronics, Healthcare, Advertisement & Communication, Defense, Finance and Banking, Government, Others), and Regional Forecasts 2019-2026
◆商品コード:BZW20JN063
◆発行会社(リサーチ会社):Bizwit Research & Consulting
◆発行日:2019年12月31日
◆ページ数:約200
◆レポート形式:英語 / PDF
◆納品方法:Eメール(受注後3営業日)
◆調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
◆産業分野:電子

本調査レポートではジェスチャー認識およびタッチレスセンシングについて、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、技術別(タッチベースジェスチャー認識、タッチレスジェスチャー認識、RFIDテクノロジー、カメラベーステクノロジー、センサー)分析、製品別(バイオメトリック、衛生設備、その他)分析、産業別(自動車、家電、ヘルスケア、 広告および通信)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。
・エグゼクティブサマリー
・定義および範囲
・市場動向
・産業分析
・ジェスチャー認識およびタッチレスセンシングの世界市場:技術別(タッチベースジェスチャー認識、タッチレスジェスチャー認識、RFIDテクノロジー、カメラベーステクノロジー、センサー)
・ジェスチャー認識およびタッチレスセンシングの世界市場:製品別(バイオメトリック、衛生設備、その他)
・ジェスチャー認識およびタッチレスセンシングの世界市場:産業別(自動車、家電、ヘルスケア、 広告および通信)
・ジェスチャー認識およびタッチレスセンシングの世界市場:地域別
・競争状況
・調査プロセス

集束イオンビームの世界市場:イオン源別、用途別、業種別、地域別予測 2019-2026
https://www.globalresearch.jp/global-focused-ion-beam-market-bzw20jn062

◆英語タイトル:Global Focused Ion Beam Market by Ion Source (Ga+ Liquid Metal, Plasma), Application (Failure Analysis, Nanofabrication), Vertical (Electronics & Semiconductor, Industrial Science, Material Science, Bioscience), and Region – Global Forecast 2019 to 2026.
◆商品コード:BZW20JN062
◆発行会社(リサーチ会社):Bizwit Research & Consulting
◆発行日:2019年12月31日
◆ページ数:約200
◆レポート形式:英語 / PDF
◆納品方法:Eメール(受注後3営業日)
◆調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
◆産業分野:電子

本調査レポートでは集束イオンビームについて、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、ソース別(Ga +液体金属、ガス田、プラズマ)分析、用途別(故障解析、ナノ加工、デバイスの変更、サーキット編集、偽造品の検出)分析、業種別(エレクトロニクス&半導体、産業科学、材料科学、バイオサイエンス)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。
・エグゼクティブサマリー
・定義および範囲
・市場動向
・産業分析
・集束イオンビームの世界市場:ソース別(Ga +液体金属、ガス田、プラズマ)
・集束イオンビームの世界市場:用途別(故障解析、ナノ加工、デバイスの変更、サーキット編集、偽造品の検出)
・集束イオンビームの世界市場:業種別(エレクトロニクス&半導体、産業科学、材料科学、バイオサイエンス)
・集束イオンビームの世界市場:地域別
・競争状況
・調査プロセス

ユーティリティ資産管理の世界市場:用途別、コンポーネント別、ユーティリティタイプ別、地域別予測 2019-2026
https://www.globalresearch.jp/global-utility-asset-management-market-bzw20jn061

◆英語タイトル:Global Utility Asset Management Market Size study, by Application (Transformers, Substations, Transmission & Distribution Lines), Component (Hardware and Software), by Utility Type (Public utility and Private Utility) and Regional Forecasts 2019-2026
◆商品コード:BZW20JN061
◆発行会社(リサーチ会社):Bizwit Research & Consulting
◆発行日:2019年12月31日
◆ページ数:約200
◆レポート形式:英語 / PDF
◆納品方法:Eメール(受注後3営業日)
◆調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
◆産業分野:エネルギー

本調査レポートではユーティリティ資産管理について、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、用途別(変圧器、変電所、送電線、配電線)分析、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、ユーティリティタイプ別(公益事業者、私的事業者)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。
・エグゼクティブサマリー
・定義および範囲
・市場動向
・産業分析
・ユーティリティ資産管理の世界市場:用途別(変圧器、変電所、送電線、配電線)
・ユーティリティ資産管理の世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)
・ユーティリティ資産管理の世界市場:ユーティリティタイプ別(公益事業者、私的事業者)
・ユーティリティ資産管理の世界市場:地域別
・競争状況
・調査プロセス

ミリ波技術の世界市場、誘導モーターの世界市場、リン酸鉄リチウム電池の世界市場

ミリ波技術の世界市場:製品別、周波数帯域別、ライセンスタイプ別、用途別、地域別予測 2019-2026
https://www.globalresearch.jp/global-millimeter-wave-technology-market-bzw20jn066

◆英語タイトル:Global Millimeter wave technology Market Size study, by Product (Scanner Systems, Radar and Satellite Communications Systems, Telecommunication Equipment) By Frequency Band (Band Between 24 GHz and 57 GHz, Band Between 57 GHz and 86 GHz Band Between 86 GHz and 300 GHz) By License Type (Light Licensed Frequency Millimeter Wave, Unlicensed Frequency Millimeter Wave, Fully Licensed Frequency Millimeter Wave) By Application (Consumer and Commercial, Healthcare, Industrial
Automotive and Transportation, Autonomous Vehicle, Others) and Regional Forecasts 2019-2026
◆商品コード:BZW20JN066
◆発行会社(リサーチ会社):Bizwit Research & Consulting
◆発行日:2019年12月31日
◆ページ数:約200
◆レポート形式:英語 / PDF
◆納品方法:Eメール(受注後3営業日)
◆調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
◆産業分野:電子

本調査レポートではミリ波技術について、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、製品別(スキャナーシステム、レーダーおよび衛星通信システム、通信機器)分析、周波数帯域別(24 GHz〜57 GHzの帯域、57 GHz〜86 GHzの帯域、86 GHzと300 GHzの間の帯域幅)分析、ライセンスタイプ別(ライトライセンス周波数ミリ波、無ライセンス周波数ミリ波、完全ライセンス周波数ミリ波)分析、用途別(消費者および商業、ヘルスケア、産業、自動車および輸送、自動車両、その他)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。

・エグゼクティブサマリー
・定義および範囲
・市場動向
・産業分析
・ミリ波技術の世界市場:製品別(スキャナーシステム、レーダーおよび衛星通信システム、通信機器)
・ミリ波技術の世界市場:周波数帯域別(24 GHz〜57 GHzの帯域、57 GHz〜86 GHzの帯域、86 GHzと300 GHzの間の帯域幅)
・ミリ波技術の世界市場:ライセンスタイプ別(ライトライセンス周波数ミリ波、無ライセンス周波数ミリ波、完全ライセンス周波数ミリ波)
・ミリ波技術の世界市場:用途別(消費者および商業、ヘルスケア、産業、自動車および輸送、自動車両、その他)
・ミリ波技術の世界市場:地域別
・競争状況
・調査プロセス

誘導モーターの世界市場:種類別、用途別、地域別予測 2019-2026
https://www.globalresearch.jp/global-induction-motor-market-size-bzw20jn065

◆英語タイトル:Global Induction motor Market Size study, by type (Single Phase Induction Motor, Three Phase Induction Motor), by application (Residential, Industrial, Commercial) and Regional Forecasts 2019-2026
◆商品コード:BZW20JN065
◆発行会社(リサーチ会社):Bizwit Research & Consulting
◆発行日:2019年12月31日
◆ページ数:約200
◆レポート形式:英語 / PDF
◆納品方法:Eメール(受注後3営業日)
◆調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
◆産業分野:産業機器

本調査レポートでは誘導モーターについて、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、種類別(単相誘導モーター、三相誘導モーター)分析、用途別(住宅、産業、商業)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。

・エグゼクティブサマリー
・定義および範囲
・市場動向
・産業分析
・誘導モーターの世界市場:種類別(単相誘導モーター、三相誘導モーター)
・誘導モーターの世界市場:用途別(住宅、産業、商業)
・誘導モーターの世界市場:地域別
・競争状況
・調査プロセス

リン酸鉄リチウム電池の世界市場:電力容量別、産業別、用途別、地域別予測 2019-2026
https://www.globalresearch.jp/global-lithium-iron-phosphate-battery-bzw20jn064

◆英語タイトル:Global Lithium Iron Phosphate Battery Market Size study, by Power Capacity (0–16,250 mAh, 16,251–50,000 mAh, 50,001–100,000 mAh, 100,001–540,000 mAh), by Industry (Automotive, Power, Industrial, Others), by Application (Portable, Stationary) and Regional Forecasts 2019-2026
◆商品コード:BZW20JN064
◆発行会社(リサーチ会社):Bizwit Research & Consulting
◆発行日:2019年12月31日
◆ページ数:約200
◆レポート形式:英語 / PDF
◆納品方法:Eメール(受注後3営業日)
◆調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
◆産業分野:産業機器

本調査レポートではリン酸鉄リチウム電池について、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、電力容量別(0〜16,250 mAh、16,251〜50,000 mAh、50,001〜100,000 mAh、100,001〜540,000 mAh)分析、産業別(自動車、電力、産業、その他)分析、用途別(ポータブル、固定)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。
・エグゼクティブサマリー
・定義および範囲
・市場動向
・産業分析
・リン酸鉄リチウム電池の世界市場:電力容量別(0〜16,250 mAh、16,251〜50,000 mAh、50,001〜100,000 mAh、100,001〜540,000 mAh)
・リン酸鉄リチウム電池の世界市場:産業別(自動車、電力、産業、その他)
・リン酸鉄リチウム電池の世界市場:用途別(ポータブル、固定)
・リン酸鉄リチウム電池の世界市場:地域別
・競争状況
・調査プロセス

ワイヤレスオーディオデバイスの世界市場、小水力発電の世界市場、レインスクリーンクラッドの世界市場

ワイヤレスオーディオデバイスの世界市場:製品別、技術別、用途別、地域別予測 2019-2026
https://www.globalresearch.jp/global-wireless-audio-device-market-bzw20jn069

◆英語タイトル:Global Wireless audio device Market Size study, by Product (Speaker Systems, Soundbars, Headsets, Headphones, Microphones, Others) By Technology (Bluetooth, Wi-Fi, Radio Frequency, Airplay, Bluetooth +Wi-Fi, Others) By Application (Home Audio, Consumer, Commercial, Automotive, Others) and Regional Forecasts 2019-2026
◆商品コード:BZW20JN069
◆発行会社(リサーチ会社):Bizwit Research & Consulting
◆発行日:2019年12月31日
◆ページ数:約200
◆レポート形式:英語 / PDF
◆納品方法:Eメール(受注後3営業日)
◆調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
◆産業分野:家電

本調査レポートではワイヤレスオーディオデバイスについて、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、製品別(スピーカーシステム、サウンドバー、ヘッドセット、ヘッドフォン、マイク)分析、技術別(Bluetooth、Wi-Fi、無線周波数、Airplay、Bluetooth + Wi-Fi、その他)分析、用途別(ホームオーディオ、コンシューマ、コマーシャル、自動車、その他)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。

・エグゼクティブサマリー
・定義および範囲
・市場動向
・産業分析
・ワイヤレスオーディオデバイスの世界市場:製品別(スピーカーシステム、サウンドバー、ヘッドセット、ヘッドフォン、マイク)
・ワイヤレスオーディオデバイスの世界市場:技術別(Bluetooth、Wi-Fi、無線周波数、Airplay、Bluetooth + Wi-Fi、その他)
・ワイヤレスオーディオデバイスの世界市場:用途別(ホームオーディオ、コンシューマ、コマーシャル、自動車、その他)
・ワイヤレスオーディオデバイスの世界市場:地域別
・競争状況
・調査プロセス

小水力発電の世界市場:容量別、種類別、コンポーネント別、地域別予測 2019-2026
https://www.globalresearch.jp/global-small-hydropower-market-size-bzw20jn068

◆英語タイトル:Global Small Hydropower Market Size study, by Capacity (Up to 1 MW, 1–10 MW), by Type (Micro Hydropower, Mini Hydropower), by Components (Electromechanical Equipment, Electric infrastructure, Civil Works, Others) and Regional Forecasts 2019-2026
◆商品コード:BZW20JN068
◆発行会社(リサーチ会社):Bizwit Research & Consulting
◆発行日:2019年12月31日
◆ページ数:約200
◆レポート形式:英語 / PDF
◆納品方法:Eメール(受注後3営業日)
◆調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
◆産業分野:エネルギー

本調査レポートでは小水力発電について、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、容量別(最大1 MW、1〜10 MW)分析、種類別(マイクロ水力、ミニ水力)分析、コンポーネント別(電気機械装置、電気インフラ、土木工事、その他)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。
・エグゼクティブサマリー
・定義および範囲
・市場動向
・産業分析
・小水力発電の世界市場:容量別(最大1 MW、1〜10 MW)
・小水力発電の世界市場:種類別(マイクロ水力、ミニ水力)
・小水力発電の世界市場:コンポーネント別(電気機械装置、電気インフラ、土木工事、その他)
・小水力発電の世界市場:地域別
・競争状況
・調査プロセス

レインスクリーンクラッドの世界市場:材料別、建設別、最終用途セクター別、地域別予測 2019-2026
https://www.globalresearch.jp/global-rainscreen-cladding-market-size-bzw20jn067

◆英語タイトル:Global Rainscreen Cladding Market Size study, by Material (Composite Materials, Metal, Fiber Cement, HPL), by Construction (New Construction and Renovation), by End-Use Sector (Non-residential and Residential) and Regional Forecasts 2019-2026
◆商品コード:BZW20JN067
◆発行会社(リサーチ会社):Bizwit Research & Consulting
◆発行日:2019年12月31日
◆ページ数:約200
◆レポート形式:英語 / PDF
◆納品方法:Eメール(受注後3営業日)
◆調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
◆産業分野:建設

本調査レポートではレインスクリーンクラッドについて、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、建設別(新規建設、改修)分析、材料別(複合材料、金属、繊維セメント、HPL)分析、最終用途別(非居住、居住)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。
・エグゼクティブサマリー
・定義および範囲
・市場動向
・産業分析
・レインスクリーンクラッドの世界市場:建設別(新規建設、改修)
・レインスクリーンクラッドの世界市場:材料別(複合材料、金属、繊維セメント、HPL)
・レインスクリーンクラッドの世界市場:最終用途別(非居住、居住)
・レインスクリーンクラッドの世界市場:地域別
・競争状況
・調査プロセス

砂管理システムの世界市場、スケール防止剤の世界市場、 コグニティブコンピューティングの世界市場

砂管理システムの世界市場:エンドユーザー別、用途別、種類別、地域別予測 2019-2026
https://www.globalresearch.jp/global-sand-control-system-market-bzw20jn072

◆英語タイトル:Global Sand Control System Market Size study, by End user (Fuel cell vehicles, Utilities and defense), Application (Portable, stationery and transport), Type (proton exchange membrane fuel cell, Phosphoric acid fuel cell and alkaline fuel cell and others) and Regional Forecasts 2019-2026
◆商品コード:BZW20JN072
◆発行会社(リサーチ会社):Bizwit Research & Consulting
◆発行日:2019年12月31日
◆ページ数:約200
◆レポート形式:英語 / PDF
◆納品方法:Eメール(受注後3営業日)
◆調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
◆産業分野:石油ガス

本調査レポートでは砂管理システムについて、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、ウェルタイプ別(ケースホール、オープンホール)分析、用途別(オンショア、オフショア)分析、技術別(砂利パック、フラックパック、サンドスクリーン、流入制御装置、その他)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。
・エグゼクティブサマリー
・定義および範囲
・市場動向
・産業分析
・砂管理システムの世界市場:ウェルタイプ別(ケースホール、オープンホール)
・砂管理システムの世界市場:用途別(オンショア、オフショア)
・砂管理システムの世界市場:技術別(砂利パック、フラックパック、サンドスクリーン、流入制御装置、その他)
・砂管理システムの世界市場:地域別
・競争状況
・調査プロセス

スケール防止剤の世界市場:種類別、用途別、地域別予測 2019-2026
https://www.globalresearch.jp/global-antiscalants-scale-inhibitors-market-bzw20jn071

◆英語タイトル:Global Antiscalants/ Scale inhibitors Market Size study, by Type (Phosphonates, Carboxylates/ Acrylic Antiscalants), Application (Power & construction, Mining, Oil & gas, Water & wastewater treatment, Food & beverages and Others) and Regional Forecasts 2019-2026
◆商品コード:BZW20JN071
◆発行会社(リサーチ会社):Bizwit Research & Consulting
◆発行日:2019年12月31日
◆ページ数:約200
◆レポート形式:英語 / PDF
◆納品方法:Eメール(受注後3営業日)
◆調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
◆産業分野:化学薬品

本調査レポートではスケール防止剤について、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、種類別(ホスホネート、カルボキシレート/アクリル系スケール防止剤)分析、用途別(電力および建設、鉱業、石油およびガス、水および廃水処理、食品および飲料)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。
・エグゼクティブサマリー
・定義および範囲
・市場動向
・産業分析
・スケール防止剤の世界市場:種類別(ホスホネート、カルボキシレート/アクリル系スケール防止剤)
・スケール防止剤の世界市場:用途別(電力および建設、鉱業、石油およびガス、水および廃水処理、食品および飲料)
・スケール防止剤の世界市場:地域別
・競争状況
・調査プロセス

コグニティブコンピューティングの世界市場:技術別、エンドユーザー別、展開モデル別、業種別、地域別予測 2019-2026
https://www.globalresearch.jp/global-cognitive-computing-market-size-bzw20jn070

◆英語タイトル:Global Cognitive Computing Market Size study, by Technology (Natural Language Processing, Machine Learning, Automated Reasoning), by End User (Small and Medium Businesses (SMBS) Large Enterprises), by Deployment Model (On-Premises, Cloud), by Vertical (BFSI, Consumer Goods and Retail, Aerospace and Defense, Telecom and IT, Energy and Power, Travel and Tourism, Media and Entertainment, Education and Research) and Regional Forecasts 2019-2026
◆商品コード:BZW20JN070
◆発行会社(リサーチ会社):Bizwit Research & Consulting
◆発行日:2019年12月31日
◆ページ数:約200
◆レポート形式:英語 / PDF
◆納品方法:Eメール(受注後3営業日)
◆調査対象地域:グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
◆産業分野:産業機器

本調査レポートではコグニティブコンピューティングについて、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、技術別(自然言語処理、機械学習、自動推論)分析、エンドユーザー別(中小企業(SMBS)大企業)分析、展開モデル別(オンプレミス、クラウド)分析、業種別(BFSI、消費財、小売、 航空宇宙と防衛、通信とIT)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。
・エグゼクティブサマリー
・定義および範囲
・市場動向
・産業分析
・コグニティブコンピューティングの世界市場:技術別(自然言語処理、機械学習、自動推論)
・コグニティブコンピューティングの世界市場:エンドユーザー別(中小企業(SMBS)大企業)
・コグニティブコンピューティングの世界市場:展開モデル別(オンプレミス、クラウド)
・コグニティブコンピューティングの世界市場:業種別(BFSI、消費財、小売、 航空宇宙と防衛、通信とIT)
・コグニティブコンピューティングの世界市場:地域別
・競争状況
・調査プロセス